きもの 草々

着物着付け師、着物講師を目指して勉強中。着せつけ練習や着物でのお出掛けの記録。

着せ付け 課題の書き出し

2月のお稽古で分かった振袖着せ付けの大きな課題を書き出してみる。

 

①おはしょりがモコモコしている(腰紐の位置が低い為)

②前帯の位置が低い

③帯結びのバランスが悪い

④着せ付け時間が30分では長すぎる

 

①と②は、改善方法は単純。

「高くすれば良い!」という事なので直ぐに改善に向けて練習。

以前から高めを意識していたつもりだったけど、どちらも全然足りていなかった。

 

③について。

基本として今練習している帯結びのベストバランスを整理して考えてみる。

 

先生に貰ったヒント。

横から見た時のボリュームは帯の真ん中から肩後ろにかけて斜めに厚みが出るように。

上に折り返した手先の根元がピタッと隙間なく引っ付いているのが良い。

 

最近多い振袖用で作られた張りのない帯の場合は、襞を作っても羽の先の方が曲げにくく広がりがちなので、羽は小さめを意識した方が良い。

 

 自分的に気持ち悪い部分は、羽の先が弧を描いていない事。後ろから見た時に羽の下側の端が腕の外にはみ出てている。

これは、先生の結び方を見せていただいて、少しコツが見えたような…

 

後は襞の幅や溝の深さは均一に!

これも得意の「やってたつもり」の自己満足でした。

もっとキッチリ、左右対称に折ること。

羽の先まで折り目を通すこと。

 

バランスや美しさは人によって微妙に感じ方が違う部分もあるけど、黄金比はあるはずなので定期的に先生に見てもらいながら近づけていけるようにしたい。

 

④について。

着せ付けを仕事にしたいなら、今 1番問題な所。

時間がかかりすぎと思うところは、胸紐を結んでからおはしょり上げが完成するまで。5~7分くらいはいつもかかる。

細かくちょこちょこ手を動かしてもたついている。

 

あと、帯結びで15分…

一つ一つの動作をこれで良いかな…と迷いながらやっているので時間がかかっているのと、絞りの帯揚げにどうも苦戦する。

ある程度伸ばさないと折り目がつかないし、伸ばしすぎてもふっくら感が無くなるし…という所で、これもやはり向かうべきベストの状態のイメージが持てていない。

 

頭の中に、各部の理想の形をハッキリ持って、手は迷いなく動かして一発で決める。そして頭では一つ先の手順を考えているようにする。

 

来月のお稽古までに、まずは①②③の問題をクリアする。

④については、一度トルソー着せ付けが終わった後に、時間を計っておはしょり上げ特訓、帯結び特訓、帯揚げ特訓を日替わりでやる。

 

 

2月のお稽古

先月は子供の発熱でお休みしたので、今年初お稽古でした。

練習は続けているものの、しばらく着せ付けを見ていただいていなかったので、振袖のテストをしてもらいました。

 

結果的に再テストとなりました。

完璧にアウトだったのは、腰紐の位置が低かった為におはしょりがモコモコになっていたこと。

 

腰紐を掛ける時、早く着物を固定してしまいたいという気持ちと、何度もやり直すのはタイムロスなので一発で決めないと…という焦りで、手順が前のめりで滑って行ってしまう。

「この位置で大丈夫…なはず」で進んでいってしまうのが悪い癖です。

 

今はまだ、自宅で慣れているトルソーに着せれるようになっただけ。

 

どんな着物でも、どんな場所でも、どんな体型でも常に100%のクオリティの着せ付けが出来て初めて稼げるようなるんだと、何度も何度も先生から言われています。

 

次回の再テストまで、出来なかったところは「必ず出来るようになる!」と気持ちを強く持って、一つ一つの手順の意味を意識しながら練習したいと思います。

広告を非表示にする

モデルさんで着せ付け練習

ご縁があり、とてもお綺麗な方にモデルになってもらい着せ付け練習をしました。

 f:id:md0426:20180208091911j:image

f:id:md0426:20180208091917j:image

 着物は私の母の物ですが、鮮やかなロイヤルブルーはぼんやり顔の私には全然似合わない!
色に完全に負けます(T^T)

それをこんなに素敵に着てくださって、眼福でした!
似合う方が着ることでその着物の良さが引き立つんだなー。と実感しました。

 

お母様が着付けの資格をお持ちな事もあり、着物が割と身近でお好きなのだそうで、長野県から東京へのご旅行中の貴重なお時間を使ってわざわざウチ(川崎区)までモデルをしにお越しくださったという!

ありがたすぎました…

お着付けさせて貰って、喜んでいただけたようで、ホッとしました。

 

肝心の練習の方は、やはり各工程で思う通りのクオリティには出来ず凹みながらのお着付けでしたが、やっている間は楽しさが勝っていました。

人にお着付けするのってもむずかしくてでも楽しい。

 

反省点はとにかくいっぱいです。

f:id:md0426:20180208092142j:image

f:id:md0426:20180208092149j:image

①補正の量、場所があっていなかったこと。

補正が着付けの要で1番難しい!

色んな体型の方で経験を積まなければ。

②襟が体から浮いてしまっていたこと。

自装やトルソーでは浮かないのに、モデルだと浮いてしまう。

両襟ともフニャフニャと波打っている状態だった。

根本的に襟元の構造の理解が足りないのだと思う。次回のお稽古でアドバイスも貰いつつ自分なりに研究してみる。

③おはしょりが短くなってしまった。

身丈がモデルさんの身長のマイナス3cmくらいだったので、許容範囲だったはず。

襟先側のおはしょりがギリギリの長さだったので、上前の上げか足りなかったのと、腰紐の位置も合わせたつもりで合っていなかった。

④帯の結び位置が低かった

胸紐の位置も低かったようで、手先をクリップで胸紐に留めようとするとその時点で帯位置が低くなってしまった。おはしょりが短くなったのはこちらの方が問題だったかも。

⑤誘導が上手くできなかった

着付けられる経験がある方だったので、こちらが誘導しなくても袂を持ってくれたりして、とてもやりやすかったけれど、こちらからはっきり言葉で伝えられるようにならなければ。

 

などなど。

原因すらまだ分かっていない箇所がある事が未熟さの証だなと。

まだまだ分かっているつもりで分かっていないところもありそうです。

 

折角なのでマンションの中庭に移動して写真を撮らせて頂きました。

あまりに見目麗しいので私のテンションが変に上がってしまいました。

蝋梅の木の前でポーズを取ってもらったり。

f:id:md0426:20180208091925j:image

写真が上手く撮れたらきっともっと楽しいだろうなー。

 

勉強もできて楽しい時間もいただいて、とても良い1日でした!

下手になる

1週間着せ付け練習が出来ませんでした。

眠さに勝てない日々が続いてしまい。

思いっきり下手になってました。

納得出来たのは裾の長さくらい。

 

1週間で下手になってしまうとは、まだまだ本当の意味で「習得」は出来ていないのだと実感しました。

 

練習を続けることが自信に繋がる。

練習する事を日常の普通の事に。

ちょっと緩んでしまっていた気持ちを切り替えます!

 

広告を非表示にする

2018年の抱負。

去年は、色々な新しいご縁を貰えた年でした。

 

新しく出会った方達の頑張りに、勝手に励まされたり、逆につい自分と比べてしまって凹んだりもしました。

 

その出会いがあったからこそ、少しだけ自分が前に進めたかなと思えた年でもありました。

 

今は、目標の場所にたどり着くためにやるべき事は沢山あるはずなのに、どれも満足に出来ずに気持ちばかりが前に出てジタバタしています。

 

そんな見苦しい私を、身内も師匠も先輩も友達も、見ていてくれて言葉を掛けてくれます。

もらった言葉の数だけは自分も頑張れているのだと思えます。

ほんとにありがたいです。

 

色んな方が助けてくれたり導いてくださるので、いつか恩返しできるように、ともかく止まることだけはしないように、ゆっくりでも進んで、今やっている事が何かしらの形になる所までは行けるように、今年も頑張りたいと思います。

 

勉強することは山積みです。

今までは、ただファッションとして着物を楽しんできました。楽しかったしそれで満足でした。

着物を仕事にするためには、「勉強しなきゃいけない」とは思っていましたが、実際の興味としては薄かったです。

反物の産地や作られる工程を知らなくても、着ることを楽しむことは出来たので。

 

自由に楽しむことはこれからも続けますが、 TPOに合わせた着物や、着物の仕立て方、織りや染めについてる知ることで、楽しみ方の幅がもっと広がるとやっと思えるようになりました。

 

新たな着物への興味でまたワクワクしています。

 

今年は戌年

犬はお産が軽いという事から、新たに何かを生むスタートの年として、戌年はとても良いそうです。

私もあやかって、何か新しいスタートがきれるように、今出来ることをコツコツ積み重ねて進んで行けたらと思います。

広告を非表示にする

アンティーク着物で「池田重子横浜スタイル展」へ

去年、銀座での展示に行きそびれて後悔してたところに、またこんなにすぐ観れるとは思ってなかったのでうれしい。

 

横浜生まれの超のつくお嬢様だったらしい。

 

一言にアンティークといっても、大正ロマン風もあれば江戸っぽいのもあり、可愛らしいのも、大人の普段着もあり、テイストが違うものがいっぱいで面白かった。

普段着でも礼装でもどのコーディネートにも、どこか1つは遊びがあった気がする。帯留めだったり、半襟だったり。

あれがファッション雑誌の特集タイトルに使われてる「抜け感、こなれ感」てやつなのかしらー。

 

1番心惹かれたのは、《娘への贈りもの「おもちゃ尽くしの振袖」》。娘さんのためにデザインした振袖だそうで、ほんとに可愛かった。

 

無地の着物に柄の八掛ついてるの、素敵だったー。自分で絶対やろう。

 

 根津のポニアポンさんで買ったアンティークの着物で。

f:id:md0426:20171229222221j:image

今年最後のお稽古

12月18日が2017年最後のお稽古でした。

とは言え、翌日19日が先生のアシスタントでお仕事の予定だったので、色々確認しておきたいこともあり、何だかソワソワしていた1日になってしまいました。

 

また今回も、お生徒さんのお稽古の見学をさせて頂いて、それもしっかり見て記憶しておきたかったので、ずっと気を張っている状態。

もう少しリラックスしたほうが、まだ頭も回るし良いのは分かっていても、なかなかそう出来ない不器用すぎる性格。

 

午前中から夕方まであっという間にすぎて、いつもどおりかなり押し気味で自分のお稽古の番に。

お稽古の内容は「特殊着付け」の予定でした。

着せ付けの現場では当然、いつも体調万全の標準体型で、且つぴったりの寸法の着物や帯をお持ちの方がいらっしゃる訳もなく、色々な状況や体型に合わせた着付けの仕方を教えていただけるという事でした。

いつも先生は、着付けの現場では臨機応変な発想と応用力がとても大事と言うことを話されています。どんな着付けを求められているかを読み取る力が必要という事も。

この先、現場で実際に色んな経験をする事も必要だけど、知識として知っている事が少ないと応用も何もできないので、まだまだ知っておくべき事が山積みです。

 

…という予定だったのですが、私の次にお稽古のお生徒さんが妊婦さんだったので、あまり遅くなるのも疲れてしまって良くないと思い、順番を変えてもらう申し出をした所、先生の発案で急遽本物の妊婦さんをモデルに妊婦着付けを教えていただく合同お稽古になりました。

お生徒さんも、お腹も出てきてこの先どうやって着物を着るのが良いか丁度知りたかったそう。

 

妊婦さんをお着付けする時の腰紐や胸紐の掛け方、お腹が大きくなった事で短くなってしまった帯の巻き方などを教えていただきました。

でも、どんな風に着るのが無理がないかはやっぱり妊婦さんそれぞれで違って、本人にしか分からない部分もあるので、一つづつ確認しながら着付けを進めるのが1番大事。

そして足に負荷が掛かるのと、貧血気味の妊婦さんも多いので、着物だけ着てもらったら、帯は座って巻いた方が良さそう。

 

自分もお腹が大きい時に撮った、妊婦着物写真はすごく良い思い出になってる。

ちょうど2年前くらいを思い出して懐かしい気分になったお稽古でした。

 

最後のお稽古の着物は、ちょいクリスマス意識でした。

赤い帯揚げに緑の三分紐(くらいの幅の何かの紐。)トランプタワーもツリーっぽいと言えば言える。

f:id:md0426:20171228094549j:image

f:id:md0426:20171228094608j:image

 

広告を非表示にする