きもの 草々

着物着付け師、着物講師を目指して勉強中。着せつけ練習や着物でのお出掛けの記録。

振袖の帯結び 道のりは遠い

振袖の文庫結び。

リボンのタックの取り方、広げ方が上手くならない。

きちっと羽を3等分に折ろうとしても、きれいに揃わない。

帯枕も固定できたつもりでも、最後はグラグラになっていたり。

参考書みて、色々試すも今のところ解決策がわからず。

このまま練習続けていても、根本的な所で動作が違っていると上達はしなそうなので、次のお稽古でもう一度、先生に上手くいかない部分を見ていただく。

覚えが悪い自分との付き合いはもう長いんだし、ここで拗ねずに人の5倍は時間もお金もかかると割り切って、モチベーションだけは下げないように、自分なりに進んでいく。

機織り体験 at生活のたのしみ展

ほぼ日の「生活のたのしみ展」に出店されていたアトリエシムラで機織りの体験をさせてもらった。

f:id:md0426:20171122161904j:image 

志村ふくみさんの「アトリエシムラ」で染められた、やさいしくて美しい色の糸で織らせてもらえて感動。

f:id:md0426:20171122161145j:image

 

①杼で横糸を通して ②踏木を踏んで ③筬でトントン

一度やってみたかったトントン。

横糸を通す道具の名前が「杼」

横糸を打つ道具が「筬」

というのも初めて知った。

f:id:md0426:20171122161833p:image

 

織ってる間の高揚感すごかった。

 

でも、この工程は機織りの最後の2割位分で、縦糸を張るところまでで8割終わっているそう。

あの無数に見える縦糸をどうやって張るのかも見てみたい。

 f:id:md0426:20171122161847j:image

 

リボン付きの羽織紐

羽織に目覚めてから羽織紐を選ぶ楽しみもできた。

リボン付きの羽織紐。

リボンはレースとかじゃない可愛らしすぎない素材?で取り外しもできる、いちりんさんのオリジナル。

f:id:md0426:20171120090749j:image

ウールのアンサンブルも気に入ってるやつ。

紺地に手毬状の花。

自主練 最後まで気を抜かない

練習する時は、お客様が目の前にいる実際の着せ付けの現場だと想定する。

着物、帯、小物全てお客様の持ち物だと思って丁寧に扱う。

帯と着物を解いた後、畳んでお返しするところまでを失礼のないように、見られていることを意識して行う。

 

手順を間違えないでやる事に精一杯だった時には、どうしてもお座なりになっていたけど、

(先生には毎回ちゃんと意識するように注意を受けていた)

やっっっと最近、気を付けて練習できるようにはなってきた。

最近のお着物

月一お稽古の日は、デニムと山吹色の帯。南天と鳥の絵がかわいい。

半襟はごげ茶。今年買った紗博多もこげ茶。

黒は好きだけどあんまり似合わないし、濃い色はこげ茶がしっくりくる。

そしてkimonomodernのレース羽織。

f:id:md0426:20171107092758j:image

 

先生にお誘いいただいて、ディヴィッド・ロックフェラー夫妻主催のチャリティーパーティなるセレブ空間に潜入した時の、小紋

 f:id:md0426:20171107094005j:image

the場違い感。

ちょっとしたパーティなら行けると思って着た小紋だけど、パーティがちょっとしたどころではないものだった。

来年はこうゆう場所でも恥ずかしくないように、フォーマルを一通り揃えたい。

こんなパーティに呼ばれることは2度とないかもだけど。

 

広告を非表示にする

原因を探る

着せ付けで上手くいかなかったところ、上手くいったところ。

帯と着物を解く時に必ず答え合わせする事を心がける。

 

素振り100回もただ何も考えずにやっても意味がない。

上手くいかなかった所はその内部や前段階がどうなってしまっていたかを把握して、次回はそこを意識して動くこと。

トライアンドエラーの繰り返し。

道のりは長いけど気を引き締めて頑張る。

広告を非表示にする

背中を押された言葉

今日、瀧波ユカリさんのTwitterをみてて見つけた言葉が、凄く印象に残った。

 

「未熟で考えが浅いうちに作り始めたひとだけが、その先に行ける。」

 

「若いひとは、作ったものが未熟で考えが浅いと批判されても傷つかなくていい。未熟でも、のたうちまわりながら勢いで何かを作りあげるって誰にでもできることじゃない。世の中をダイナミックに変えられるのはそんな凄まじいパワーを持つひとだと思う。」こんな文章に続いてた言葉だった。

 

未熟で考えの浅い、しかも気の利かない自分なんかに何が出来るのか…って思ってしまうけど、そこでもたついてる時間は勿体ない。

恥ずかしい思いもいっぱいするだろうど、それに負けないように勉強しながら形を造っていくしかない。