きもの 草々

着物着付け師、着物講師を目指して勉強中。着せつけ練習や着物でのお出掛けの記録。

新年会と今年の抱負。

吉澤暁子きもの着付け教室の2019年合同新年会に参加してきました。

当日の着物。

 f:id:md0426:20190205174748j:image

無地場の多い南天の飛び柄小紋に宝尽くしの袋帯セミフォーマルでした。

全体が淡い色だと、どうしてもどこか引き締めたくなってしまい、帯締めは紺と白染め分けの平唐組にしました。

グラデーションが綺麗で一目惚れ。

訪問着や付け下げにすべきか迷いましたが、新年会で着たいと思って誂えた着物だったのでこれにしました。

 

今年の新年会は幹事を努めさせていただいたのですが、事前打ち合わせで姉弟子さんから「お迎えする側は末広の銀色の面を表に出す」ことを教えていただき、この後さし直しました💦

学びでした…

 

幹事自体が初の体験で分からないことだらけでした。

姉弟子さんに色々と教えていただきながらなんとか事前準備を進めましたが、当日は予想通りの木偶の坊ぶりを発揮しておりました。

申し訳ない!と反省しきりではありますが、今回は出来ない事前提で私に勉強させてあげようということでの幹事任命だったのかなと思っている部分もあり、その意味では沢山勉強させていただきました。

悩んで大変な思いをした経験も、直ぐには役に立たなくても将来何かに繋がって、「あの時の経験」が自分の一部になっていることに気づく時が必ずくるので、やった事、出来なかったこと、必要だった事をちゃんと記録をして次に繋げることが今の自分に出来ることとです。

 

 

そして先生のお着物。

f:id:md0426:20190205174828j:image

「綺麗!」しか出てこなくて自分の語彙の少なさにがっかりしますが、本当に本当に美しいお着物でした。

絵の中の場所に引き込まれるようです。

もっと近くで撮らせてもらえば良かった…。

自分で所有することはとてもできないようなお着物ですが、絵画展などを見に行くのと同じように、本物を見ることで自分の内面や感性を磨くことに繋げていけるのかなと思います。

でもやっぱりそれも積み重ねですね。直ぐに人間力が上がるわけではないけど、続ける事でゆっくり磨かれて行くはず。

と、信じてマメに芸術に触れる機会を持つようにしようと改めて思った新年会でした。

 

そしてそして、なんと僭越ながら着付け講師として舞台でご挨拶もさせていただけました。

大先輩方と並んでこの中に入ってしまって良いのか…と戸惑いはありましたが、幹事としては時間が押すのは不味いので思い切って壇上にあがりました。

f:id:md0426:20190205175701j:image

 

今は講師としてお仕事できる事が嬉しくて日々頑張ろう!とは思っていますが、この先ずっと講師を続けていくのであればまだまだ知識も技術も足りていません。

着物に関する知識だけでなく、将来本気で個人事業主になりたいのであればそこの知識や覚悟も不可欠です。

 今年どれだけの事を身に付けられるかで、この先が変わってくるのではと思っています。

覚悟を決めて、目的を明確にしてそれぞれの事を学んでいきます。

 

後は、常に姿勢を良く…を意識します。

首が前に出ちゃってる…涙

着物小物収納* 300円ショップの不織布BOX

最近の帯揚げ収納は、押入の上の方に突っ張り棒を渡してそこに掛けてました。

畳まなくていいし、掛けるだけなら楽なのでは?!と思って始めたのですが1本取ると他のも一緒にズルズル落ちてくるし、奥の方は取りずらいしでストレスでした。

 

他の買い物があって寄った3COINSで帯揚げ収納にちょうど良さそうな不織布BOXを見つけました。

帰って早速、帯揚げを入れてみました。

中に4つ仕切りがあるので雪崩になりにくいところがポイント高いです。

f:id:md0426:20190118092330j:image

帯揚げを横4つ折りで入れると幅が少し足りなくて端がちょっと折れるところが惜しい。でも許容範囲です!

(ちょっと詰め込みすぎてシワになりそうなので少し枚数減らそうかな…)

色々と試行錯誤しましたが、やっぱり帯揚げはスタンダードに長方形サイズに畳んで立てて収納が1番なのでしたー。

着物記録* 紅型小紋×山吹色名古屋帯

元々は母の持ち物で、生成り色地に紅型で菊、紅葉、笹、松、松葉、梅と秋冬の植物が染められています。

f:id:md0426:20190115164723j:image

白だしなんとなくおめでたい感じなのでお正月に着たくなります。

 

じつは目立つ所に汚れがあり、洗張りに出したいと思っています。

あと八掛も微妙なピンクであまり好みな色ではないので、もう少し落ち着いた色に変えれば長く着られそう。

キレイにして大事にしていきたい着物です。

 

 

着物記録* 紅型小紋×ギンガムチェック半幅帯

もう2019年1月も半ばですが、振り返り記録です。

 

1月3日、川崎競馬場で行われた流鏑馬の観覧へ着物で。

着物初めでした。f:id:md0426:20190115092927j:imagef:id:md0426:20190115092940j:image

赤い実の枝にとまる3羽のシマエナガ帯留め。

普通は神社で行われる神事ですが、私の住んでいる川崎区では競馬場で毎年恒例です。

今年も快晴で良かった。

f:id:md0426:20190115093555j:imagef:id:md0426:20190115093603j:image

的に当たった時の「カーン!」と空へ響きわたるような音とその後の「おぉー」という歓声を聞いてお正月を実感しました。

他装練習 2018.12.16

あっという間に12月も半ばを過ぎ…

師匠に言われた通り、「人」と相対していると言う事を忘れないように、他装も教えることもより良くできるように、気を引き締めていきます。

 

他装は、成人式など普段着物を着ない人に着せ付けることが多いはず。

まずはしっかり着せられる技術を、と自分の動き一つで相手にどれだけ負担をかけるかを考えるのは一旦横に置きがちでした。

が、やはりそこは同時でなければいけない。

むしろ美しく完璧に着せるための技術が足りないのであれば、せめて「着物は着せてもらう間も着ている間も苦しくてしんどい」なんて記憶を残さないためにも、「優しく丁寧に早く」着付けできるようにならなくては。

 

そこを念頭に置きまして、あとは四の五の言わずに練習練習です!

 

1週間分の記録↓

f:id:md0426:20181218090333j:imagef:id:md0426:20181218090414j:imagef:id:md0426:20181218090435j:imagef:id:md0426:20181218090635j:imagef:id:md0426:20181218091050j:imagef:id:md0426:20181218091100j:imagef:id:md0426:20181218091111j:imagef:id:md0426:20181218091122j:imagef:id:md0426:20181218091137j:imagef:id:md0426:20181218091141j:imagef:id:md0426:20181218091147j:imagef:id:md0426:20181218091152j:imagef:id:md0426:20181218091158j:imagef:id:md0426:20181218091203j:image

 

 

着付けお稽古の日 2018.11.26

丸3ヶ月振りくらいのお稽古の日でした。

 

自主練ではずっと帯結びが上手くいかないなーなどと四苦八苦してましたが、今日のお稽古では肌着から始まって胸紐をかけるまでの間の全ての肯定で細かく細かく指導をして頂きました。

 

動きが荒くただ覚えた手順をなぞっているだけで、相手の着心地を考えられていない。

生身の人に対して着せ付けるという意識が足りないということです。

 

何故ここでそう動くのか?全て理由があり、その理由をわかった上で着せ付ければ、最低限の動きで優しく早く着付けができるはずということでした。

 

手順自体は頭に入っている今このタイミングだからこそ理解していけるだろうと先生が判断して、沢山の指摘をしてくれたのだと前向きに捉えたいと思います。

 

高いところを目指してほしいという先生の気持ちがとてもとても伝わってきたお稽古でした。

 

期待に答えられるよう、手は止めないでコツコツ練習を続けて行きます。

 

 

着物記録* グレーストライプ×こぎん刺し風八寸名古屋帯

水曜日の着物です。

f:id:md0426:20181124141528j:image

小物類は量は持っておらず選択肢は少いのですが、その中でたまたまピッタリくるものがあると嬉しいです。

この日は紺色地の帯に黄緑色の三分紐の組み合わせがしっくりきました。

帯揚げは馴染ませ色になりました。

着物屋くるり遠州茶という色の縮緬帯揚げは、何にでも合わせやすい色でかなり活躍してます。

「これでいっか…」で手に取ってしまう。

f:id:md0426:20181124141536j:image

 全体が縞で構成されているのも、潔くて(?)面白いかなと思っています。

f:id:md0426:20181124141603j:image